スタジオとみっぺ


「Quick ’n Easy FTP Server」で(Vista上に)構築したFTPサーバーに特定のユーザーでログインできない

投稿者 とみっぺ : 2009年01月30日 | トラックバック (0)

問題

Pablo Software Solutions 社製のFTPサーバーソフトウェア「Quick ’n Easy FTP Server」を使ってWindows Vista 上に構築しているFTPサーバーにおいて、正しく設定したはずのユーザーアカウントで外部クライアントからログインしようとしても、「530」エラーなどが発生し、ログインできないことがあります。

原因

「Quick ’n Easy FTP Server」のユーザー設定が正しく設定ファイルに反映されていないことが原因です。

解決策

次の方法で、「互換性ファイル」フォルダに上書きされている設定ファイルを「Quick ’n Easy FTP Server」のインストールフォルダにコピーし、ソフトウェアを再起動します。

  1. 「Quick ’n Easy FTP Server」上で、必要な設定を行う
  2. 「Quick ’n Easy FTP Server」のインストールフォルダを開く
  3. 上部コマンドバー内の「互換性ファイル」クリック
  4. 存在するはずの「users.xml」右クリック→コピークリック
  5. 「Quick ’n Easy FTP Server」のインストールフォルダに戻る
  6. フォルダウィンドウ内の余白右クリック→貼り付けクリック
  7. 続行クリック
  8. 「Quick ’n Easy FTP Server」を再起動(「FTP Service」版を利用の場合は、サービスを再起動)

備考

「Quick ’n Easy FTP Server」のユーザー設定情報ファイル(「users.xml」)は、ソフトウェアのインストールフォルダ(通常は「ProgramFiles」内のフォルダ)に保存されています。しかし、WindowsVistaでは「ProgramFiles」フォルダのセキュリティ権限の関係上、「users.xml」がそのまま上書き保存されず、「互換性ファイル」フォルダに転送保存されます。このようにして、設定が正しく反映されない状態になります。

発生環境

システム
Windows Vista Ultimate (SP1)
ソフトウェア
Quick ’n Easy FTP Service Ver 3.2

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tomippe.jp/mt/mt-tb.cgi/43



コメントをお寄せ下さい




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

これまでのコメント