スタジオとみっぺ スタジオとみっぺ トップページに戻る


感謝の意をこめて


佐藤 東子

地域
高松市内[C]
契約サービス
パソセンセ パソメンテ

月2回2時間。
パソセンセは、短歌会報「青風」印刷用(Illustrator)データ、会名簿や各種送付状の作成。
パソメンテは、セキュリティ、メール環境のメンテナンス等。

契約期間
2003年7月~(契約中)

 太田さんは、毎月4回私宅に短歌の会報「青風」の入力の手伝いに来てくれます。私がワードに入れた短歌や文章を、イラストレイターに入力し直すのです。これは、2003年の夏、彼がまだ会社を立ち上げる前(大学生の頃)から続いていますから、もう6年になります。最初B5の4頁だったのが6頁になり、現在は8頁になって作業量も増えた上に、締切の関係で時間に拘束される面倒な作業なのですが、日程の変更等無理もよく聞いてくれて助かっています。

 彼は、私の孫くらいの年齢ですが、今時珍しく礼儀正しい青年で、頭の回転も早く、とても優しい人柄です。作業の合間で、テレビや本やいろいろ雑談するのですが、年齢の差を感じさせない幅の広い話題の持ち主で、楽しく作業が進められます。写真や絵を葉書に入れる方法も教わり、重宝しています。

 その間2004年の11月から、彼も私の短歌の会に入会し、以来毎月欠かさず「青風」に歌を出詠し、短文その他歌評も書き、文学的なセンス・感性の冴えを見せており、その点でも大いに期待しています。

 太田さんがいて初めて毎月発行できている「青風」です。太田さん、今後ともよろしくお願いします。 感謝の意をこめて。

佐藤 東子 

とみっぺより

ご紹介の通り、大学時代から6年以上のおつきあいです。時々やらかしてしまう、ダブルブッキングや遅刻のたび、厳しくもためになるお言葉をいただくとき、申し訳なく思うと同時に、とみっぺという人間を温かい眼差しで見守り育ててくれているのだと実感します。 東子さんにはこれからもお元気なままで、短歌会の運営、会報発行を続けていただきたいし、僕もその活動をできうる限りお助けしてまいりたいと思います。